老眼が始まっているか確認しよう【簡易的にチェックする方法】

目の若さを保つ方法

中年女性

評判がよい格安メガネ

目の老化現象を老眼と呼んでいる。40歳以降から始まり、65歳ぐらいまで進行することが多いと言われている。チェックの方法としては、人差し指の腹を自分に向けて、徐々に離していき、指紋が識別できる位置が顔から30cm以上の場合は老眼と判定される。年齢を重ねることで毛様体と呼ばれる目の水晶を調節する筋肉が弱くなり、うまく調節できなくなることが原因とされる。そのため、他にもいつもより光が暗く感じるとか、メガネを外した時に焦点が定まるのが遅いなど、調節が上手くいかないということがチェック項目となる。注意すべきは、近視だからといって老眼にならないというわけではないということである。遠くが見えにくいという場合と近くが見えにくい場合の両方があるため、どちらもチェックが必要になる。自分が老眼であるというこがわかったら、老眼鏡を用意することが有効になる。最近では格安で15000円位のものでも評判がよい老眼鏡が出てきている。またできれば保証期間があり、保証期間中はレンズを変えたりできるのが望ましい。近くが見えにくい場合も、遠くが見えにくい場合も、眼精疲労が著しくなり、肩こり・吐き気・だるさを感じるといった症状が出てくる。こういった症状が出てきたら再度チェックを行い、度数を調整することができるというのが望ましい。保証期間中ならば決められた回数まで度数が変えられるといったサービスが非常に好評である。こういった老眼について詳しいメガネ店を選ぶことが重要である。