老眼が始まっているか確認しよう【簡易的にチェックする方法】

自分でできる眼の検査

中年女性

近くが見にくいと思ったら

最近、どうも近くが見にくいと感じている人は、老眼のチェックをしてみると良いです。老眼は早い人で30代後半から、一般的に増えてくるのが50歳以上と言われています。私たちの眼は水晶体を支える筋肉によりピント調節機能の収縮が行われ、遠くを見たり近くを見たりできます。しかし、筋肉の衰えが出てくる40代以降徐々に老眼が進むと言われています。最近では、スマートフォンやパソコンんが普及し、ブルーライト効果により眼を酷使することで、目の筋肉が衰えるとも考えられています。老眼の人は遠くはクッキリと見えながら近くが見にくいので、徐々に進むと生活に支障が出ないことがあるため、気付かぬうちに進行しているという人も多いです。生活の中には近くに焦点を合わせるタイミングがありますが、新聞や本を読むとき、携帯電話やスマートフォンを操作する時などにピントが合わないことがあれば老眼が疑われます。自宅で簡単に老眼チェックするためには、人差し指を目の前に出し、指紋を目の方に向けて徐々顔から指を遠ざけます。指紋が見える距離が30cmを超えていれば老眼が進行していると考えて良いでしょう。スマートフォンの普及により老眼は今後急速な勢いで若年化し、20代後半で老眼となる人も出てくると言われています。紫外線を長時間受けることが影響していると言われているため、夏の外出時にはサングラスを使用し、常に明るい環境を避けると進行が遅れると考えられています。40歳を過ぎたら適度なタイミングでセルフチェックを行いましょう。早めのチェックと対処で老眼の進行を遅らすことは可能です。