老眼が始まっているか確認しよう【簡易的にチェックする方法】

眼

健康的な生活をおくる

40代になると老眼になる人が一気に増えます。これは水晶体と毛様体小帯の関係によるもので避けては通れません。自分が老眼なのかわからない人はインターネットで簡単にチェックできる項目がありますので、確認して自覚して生活することが大切です。

詳しく見る

笑顔の女性

状況にあった対応をする

40歳ぐらいの方で老眼の自覚がなければ、簡単にできる老眼チェック法があるので実践しましょう。これで老眼の可能性があれば、すぐに眼科できちんと確認します。また、専用の眼鏡を使うことで、目への負担も小さくなります。

詳しく見る

中年女性

自覚なくても進行

自分でできる簡単な老眼チェックには近点が30cmを超えているかどうかや、ネットで老眼チェックリストを見ていくつ該当しているかを数えることでできます。まだ自覚症状がなくても、老眼が進行していることがあります。

詳しく見る

中年女性

自分でできる眼の検査

老眼は加齢現象の1つですが、気付かぬうちに進行していることが多いです。自宅で簡単に老眼のセルフチェックが可能ですので、40歳を過ぎたら早めにチェックして、早めに対処すれば進行を遅らせることが可能です。

詳しく見る

中年女性

目の若さを保つ方法

40歳以降になると老眼になる可能性がある。チェックの方法としては、人差し指の腹を自分に向け、離していき、指紋が見える位置が顔から30cm以上の場合、老眼と判定される。このような場合、老眼鏡が有効になる。格安で保証期間中はレンズを変えたりできるメガネが評判がよい。

詳しく見る

目の老化に注意しよう

メガネ

目の老化の初期症状

近頃、小さい文字が見えにくくなった、と感じるならそれは老眼の始まりかもしれません。老眼は早い人だと40歳前後から始まり、45歳がそのピークと言われます。目の老化が原因なので、誰でも年齢とともになるものです。今症状が出ていない人も、いつか自分がなるものと思って、基本的な理解をしておくことが必要です。自分が老眼かどうか調べる簡易的なチェック方法とあわせて紹介しますので参考にしてみてください。老眼になると近くのものが見えにくくなるというのはだいたいの人が知っているでしょう。しかし、もっと本質的に言うと、老眼は老化によって目のピント調整機能が衰えるという症状です。なので、遠くを見た後に近くを見ると見えにくい、あるいはその逆も老眼の初期症状として現れます。目が疲れやすい、頭痛・肩こりになりやすいというのも典型的な症状です。普段の生活を振り返り、これらの症状がないかチェックしてみてください。自分が老眼かどうか気になる人もいると思うので、簡易的にチェックする方法を紹介したいと思います。まず、人差し指を顔の前に立てて、指の腹側を自分に向けて指紋を見つめます。そこから少しずつ指を遠ざけていって、指紋がはっきりと見える距離を「近点」と言います。近点が30cm以上であると、老眼が進んでいると判断できます。もちろん目安として行う簡易チェックなので、老眼が疑われる場合は眼科できちんと診察を受けてください。老眼は目の老化によって起こるので、普段から目の老化を促進してしまうようなことはなるべく避けましょう。意識的に目を休ませたり、メガネ等で矯正すると、目の過労を防ぐことができます。紫外線も目の老化の原因になるので、UVカットのサングラスや帽子などを利用して工夫しましょう。